ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  美容やエステに関すること  > 背中にきびの原因と改善法


背中にきびの原因と改善法

背中にきびとは、背中にできたにきびのことですが、大人になってからできることが多く、慢性的になっている人も多いそうです。にきびなのかどうかよく分からないが、背中にブツブツができやすいという程度の認識の人もいるかもしれません。

背中にきびの原因には、

遺伝的要因、ホルモンバランスの崩れによる過剰な皮脂分泌、紫外線などが挙げられます。背中は皮脂腺が多く、汗をかきやすいわりに乾燥しやすいというデリケートな部分です。普段は衣服を着ているので、ほかの箇所よりも湿度や温度が高く、にきびができやすくなっています。

さらに、背中にきびの原因には、入浴時のシャンプーやリンス、トリートメントといったものの使用方法が強く関係していることも挙げられます。背中は手が届きにくいために洗っているつもりでもよく洗えておらず、シャンプーなどの洗い残しが背中の皮脂分泌の多い毛穴に入り込み、角質の代謝が低下し、にきびをつくるのです。

背中にきびの原因は前記のようにいくつかあり、人によって症状も異なります。

特に顔にも背中にもにきびがいっぱいという人の場合、何とかしたいと間違った方向に突き進んでいかないためにも、一度専門医に相談することをお勧めします。納得のいく説明が得られない場合は、セカンドオピニオンとして違うドクターにも診てもらうことも必要でしょう。


背中のにきびの改善法として、

まずいつも背中を清潔に保つことが挙げられます。そのため、入浴時の洗髪の際、背中にシャンプーやリンスなどの洗い残しが放置されないよう注意しなければなりません。洗髪も無添加の石鹸を使用すると効果があるようです。

また、背中を洗うときのタオルは綿タオルがいいでしょう。ポリエステル性のタオルでゴシゴシ洗うのは背中の肌や毛穴を傷つけてしまうことになります。使用する洗剤もボディーシャンプーの類は避けたいもの。含まれる化学合成物質が肌への刺激となるからです。

さらに、背中を清潔に保つために、背中から分泌された皮脂は放置せず、まめに背中の汗や皮脂はタオルなどでふき取り、下着などを着替えるようにする必要もあります。特に夏場は清潔に気を配って、背中にきびを予防しましょう。

一方、背中のにきびの改善法として、

ホルモンバランスの崩れない規則正しい生活を心がけることも大事です。背中のにきびは生活環境の乱れを敏感に反映します。特に睡眠不足によるホルモンバランスの崩れは過剰な皮脂分泌を促し背中のにきびを増殖させる原因となりますから、十分な睡眠をとるようにしましょう。

背中にきびを改善するため、栄養バランスのとれた食事を心がける必要もあります。刺激物や糖分、油分の多い食事は避け、野菜、魚類、肉類をバランスよく摂取し、ビタミンB2やB6を多く摂るといいでしょう。

ほかにも背中にきびの改善法として、常に背中に触れている洋服の繊維をなるべく化繊ではなく通気性の良い綿などにする、紫外線、UV対策を十分に行う、必要以上に患部に触らないといったことなどが挙げられます。