ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  美容やエステに関すること  > プラセンタとは


プラセンタとは

プラセンタとは、元々は英語で胎盤(placenta)という意味ですが、一般的には胎盤から有効成分を抽出したプラセンタ・エキスを指します。メーカーによってヒト由来、牛由来、豚由来、羊由来、植物性のものがあります。プラセンタは現在では美容・健康目的に化粧品や健康食品として使われています。また医薬品としては慢性肝炎、更年期障害、アトピー性皮膚炎、わきが、湿疹、あかぎれ、シミ、ソバカスなどに効果があるとして医療機関で使われています。

プラセンタは美肌効果が期待できるものとして美容・健康面で注目を浴びています。プラセンタの美容効果として、肌の新陳代謝促進と活性酸素や炎症を抑えるということがあげられます。プラセンタは近年美容関連において、美肌効果が特に注目されてきている成分です。

プラセンタはもともと哺乳類の胎盤を指します。胎盤は胎児が母体の中で成長していく過程で、とても重要な働きをしていました。出産と同時に胎盤も役目を終え普通なら廃棄されますが、実はこの胎盤には様々な成分が含まれているというのがわかり、利用されています。

プラセンタの成分のひとつには、細胞分裂を促進させる物質(グロース・ファクター)があります。これによって肌の新陳代謝が活性化され、新しい細胞が作られる、つまり美肌効果につながるという理由で、美容に取り入れられているのです。

プラセンタを販売している事業は色々とあります。特に有名なのは、今のところ吉田洋子氏の「プラセンタ100」でしょうか。他に勝見地映子氏プロデュースの「植物プラセンタ コレゾ」、馬由来の「ピュルサン プラセンタ」 、濃縮ドリンクの「プラビタ1000」、また楽天市場で検索しても、実に多くのプラセンタ商品があります。商品によって成分もそれぞれ若干異なるので、内容をよく確かめてから購入することをお勧めします。