ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  美容やエステに関すること  > ニキビとは


ニキビとは

ニキビとは、医学用語では、尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれます。にきびは、思春期頃から男女に見られ、毛嚢や皮脂腺などにできる皮膚の炎症のことです。生理的現象の場合もあります。30歳頃には軽快しますが、ときに中年女性の口の周りに現れることもあります。

にきびの原因としては、細菌感染よりも、ホルモン関与によるものが多いです。にきびには、初潮時に生理的に現れるものもありますが、多くの場合は素因や脂漏体質が原因です。

これに

・皮膚を不潔にしている
・食事で脂肪分や糖分を過度に摂取している
・精神不安定

といった条件や、化粧品・便秘・月経・気温・薬剤などが誘因となって生じるのです。

にきびには3段階あります。症状の軽いものから順に、(1)毛穴が詰まったもの(2)ぽつっと赤くなったもの(3)にきびの中に膿みがたまっているものがあります。後者になるほど症状は重いです。

にきびは、軽いものなら日常生活の改善で治ります。

・規則正しい生活
・洗顔や洗髪をきちんとする
・睡眠をきちんととる
・精神的不安を取り除く
・厚化粧を中止する
・運動・食事や便通のコントロールなどを行う


にきびは、昔は「青春のシンボル」なんて言われていましたが、大人のにきびは、思春期にできるにきびより厄介なものなのです。大人のにきびは、口の周りからあごやこめかみに出来やすいです。

にきびが大人になってからできると、なぜ厄介なのでしょうか。

にきびの原因は、先に説明したように概ね過剰分泌された皮脂によるのですが、大人の場合、皮脂と古い角質が混ざり合って毛穴が詰まってしまうのです。つまり、皮膚の新陳代謝の低下により、肌の再生機能がうまく働かないため、残った古い角質や化粧品が毛穴に残り、にきびができてしまうのです。

にきびが大人になってできる他の原因には、

ストレスや精神疲労、ホルモンバランスの乱れ、さらには食生活の乱れも挙げられます。また婦人科系の病気の人にもできやすいともいわれ、体が冷えやすい人にも、にきびはできやすいようです。

にきびが大人になってからできると、

治りにくいだけでなく、跡が残って肌の表面がみかんのようにデコボコになったり、またシミの原因にもなるので、きちんとした対策が必要となります。