ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  美容やエステに関すること  > セルライトとは


セルライトとは

セルライト、cellulite の語源はフランス語。皮下脂肪の塊のことを指します。セルライトがお肌に出ると、見た目がでこぼこし、決して美しいものではありません。セルライトは、脂肪細胞に老廃物が貯まった状態。主に血行不良が原因で起こります。セルライトは、お尻や太股、あるいは下腹部といったところにつきやすいのです。セルライトは、もともと脂肪ができやすい場所に出現するのが特徴で、お尻や太ももの筋肉は、普段の生活ではなかなか使わないからですね。

セルライトは思春期以降からできるといわれますが、実際は成人女性に見られがちなものです。日本人は欧米諸国の人に比べれば少ないようですが、それでも特に更年期の女性には見られる現象です。たとえスリムな女性であっても現れるようです。つまり、ほとんどの女性はセルライトが出るのだと考えるべきです。しかし、放っておいてはますますセルライトは増え、見た目が悪くなっていくので、美容にはよくないですね。

セルライトができると脂肪層が厚くなり、肥満体質になりやすいという問題があります。また、血行不良による代謝の低下で、冷え症やむくみやすい体質となり、それに運動不足が手伝って、ますますセルライトが増大されていくのです。つまり、セルライトを取り除いていけば、健康になり、また美容にもよいという結果になります。

セルライトが現れた肌の表面は「オレンジピールスキン」と呼ばれ、でこぼこした感じになってしまいます。これでは美容上、美しい肌からはほど遠いものですね。セルライトは一度できると取り除くのは困難のようです。そればかりかますます痩せにくい体質となって、肥満・冷え症・むくみといった健康障害にもつながるのです。

セルライトを解消するために、最近では、全身から汗を出し、老廃物を排泄できる「ドームサウナ」というものがあります。代謝が一気にアップし、たっぷりと汗をかくことで余分な脂肪も減っていくとのことです。他には超音波を使った製品もあり、これはお風呂でも気軽に使えて便利です。セルライトを減らすには、もちろん運動や食事をはじめとした、生活習慣の改善も必要です。セルライトがなくなれば、お肌もキレイになって、美容に良し!健康にも良し!と一石二鳥ですね。