ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  美容やエステに関すること  > しみとは


しみとは

しみとは、顔面、特に額・頬・上口唇などに左右対称性にみられる褐色斑のことです。医学用語では、肝斑(かんはん)といい、女性に特有のものとされています。他に、中年期以降、顔面や手の甲など日光に当たる部分にできるしみもあり、老人性色素斑と呼ばれます。この場合は老化に伴う現象なので病気ではありません。

しみの数には個人差があります。いずれもかゆみなどの自覚症状はありません。ほとんどのしみは、加齢によるものです。しみができる原因は、紫外線やストレス、ホルモンなどの刺激を肌が受けて、細胞から一時的に大量のメラニン色素が放出されること。普通なら1ヶ月月ほどで新陳代謝によってメラニンは排泄されるのですが、新陳代謝が衰えていると、メラニンが肌に残り、やがてはしみになるのです。

しみの予防のためには、生活習慣を見直す必要があります。

・ストレスを溜め込まないように工夫すること
・なるべく規則正しい生活にすること
・たばこは控える

等々があります。

しみは一度できたら完治するのは難しいですが、それでも薄くすることは可能です。では、しみを改善するにはどうしたらいいでしょうか。

しみの原因は、ほとんどが紫外線によるものです。よって、普段からの生活態度に注意が必要となるのです。まずは紫外線を直接浴びないことが重要です。外に出るときはUVケアである日焼け止めを塗ること。また晴れた日は、日傘をさす、帽子をかぶる、サングラスをかけるなどを行なうとよいでしょう。

しみを改善するために、美白効果のある化粧品を使ってみたりするのも手です。他に、美容外科などでしみの治療を受けることで、しみを薄くしていくことも可能です。

しみの改善には、化粧品などの外側からのアプローチだけでなく、食事やサプリメントでの栄養補給・適度な運動といった内側からのアプローチも必要です。例えば、暴飲暴食や偏った食事が続くと、内臓は疲れてしまいます。そうなるとメラニンが増えるのだそうです。つまり、しみになりやすいというわけです。したがって、バランスの良い食事を心掛けることが大切になります。

しみを改善するのには、適度な運動も必要です。からだを動かすことで新陳代謝も良くなり、細胞が活性化され、結果的にお肌がキレイになるということです。しみをできるだけ増やさないように、あなたができるところから対策をしていきましょう!