ようこそ! 「雑学トリビア研究室」へ
ポータルトップ >  美容やエステに関すること  > 脂肪吸引とは


脂肪吸引とは

脂肪吸引とは、1970年代にフランスのフルニエが開発した痩身術で、金属の管で皮下脂肪を吸い出すものです。この脂肪吸引の技術により、苦労してダイエットしたり、大掛かりな外科手術をしたりすることなしに、短時間で脂肪を取り除くことができるようになりました。脂肪吸引は、すぐにでも痩せたいと願う人にとってはとても嬉しい技術です。

脂肪吸引で使う金属製の管は、カニューレという直径数ミリの細いものです。よって、脂肪吸引の際に皮膚に開ける穴も大変小さいので、体への負担が小さいことはもちろん、傷跡も数ヶ月でほとんど目立たなくなります。

但し、ケロイド体質の人は注意が必要です。

では、脂肪吸引の手術は、
具体的にはどのように行われるのでしょうか?

脂肪吸引の順序は、大まかには以下のようになります。

1.脂肪層に薄い麻酔液と止血剤が入った生理食塩水を注入して脂肪細胞をふくらませる。
2.直径2~4ミリの細い金属管(カニューレ)を皮膚に開けた小さな穴から通し脂肪を脂肪吸引機で吸い出す。
3.皮膚に開けた穴を縫合する

脂肪吸引の際は、麻酔液と止血剤の効果で、痛みや出血はほとんどありません。また前もって脂肪細胞を膨らませているため、脂肪吸引をしても、皮膚の表面がデコボコになることもありません。